はとムーチョ

hatoteam.exblog.jp
ブログトップ

新車即泥まみれ

青/白のフレームに、白のフォーク、青のKINGと、
なかなか私にしてはカラーコーディネイトが出来ている一品。
私の衣服や持ち物で、これだけ皆さんに絶賛(と信じているぞ)して頂いたのは生まれて初めてです。
ありがとうございました。

重量は10.0kg。SIDの増加分が大きいな。
土曜の夕方に納車で2mほど乗ってレースへ。とりあえず選んだパーツが付いた状態でスタート。
サドルは今まで使用していた物だが、位置に違和感がある。けどハンドル幅や高さなど違和感だらけなので気にせずGO!

登り
新車というと、つい登りが速くなる事を期待しがちですが、残念ながらありません。
アルミの場合、バカコギすればガレた路面でトラクションを失う。しかしタイヤと路面がドンピシャならばアホほど登る。XCレースの競り合いにおいては有利な展開に持ち込める。
チタンの場合、ここぞという時に踏んでも一瞬反応が遅れる。バカコギにも対応してくれるが、面倒臭そうに前へ進む。

という前半の印象でしたが・・
午後のレースの後半になって、サドル位置がどうやら前過ぎるようなので後退させた。それぐらいは測っとかなあきませんな。
自分の踏み位置を取り戻した結果、なかなか良い推進力を得られたと思う。ま、それでもアルミはコンコン、チタンはグイグイですね。

下りとかシングル
非常に扱いやすい。ただしこれはSIDが32mmになった事、ライザーバーで幅広になった事によるものも大きいだろう。
SIDの安定感は素晴らしい。ガレた下りで、脳がシェイクされるのが大幅に軽減されている。それにより、路面状況が把握しやすい。良く見えて、ブレーキも良く効くので、ブレーキングも遅らせる事ができる。
剛性のあるフロントに柔らかいリヤ。とにかく良く曲がる、止まる。曲がりすぎてインに切り込んで何度かコケた。

幅広ライザーバー
握るだけで、ダウンヒラーの腕の動きが出来てしまう。素材のカーボンと相まって、腕の疲れは激減。
最初から最後まで安定した下りができたのはこれのおかげかも。
このままだと登りは全然あかんよ。

シフトレバー
シフトアップの2段変速は誤操作が心配だったがそれはなく、結構使える機能だった。
シフトダウンもプッシュ・プル両方使えたら面白いと思う。

今後の変更案
サドル位置ちゃんと出す。高さも微妙だな
ハンドル位置下げる。下りの良さをスポイルしない程度に
ハンドル幅切る。これは超慎重に
ブレーキパッドがチタンだったら丁重に保管。開幕まで持たんぞ。
[PR]
by hatoracing | 2009-03-02 00:01 | Comments(0)

Jato mucho


by hatoracing