はとムーチョ

hatoteam.exblog.jp
ブログトップ

実業団は今年初レース

富士スピードウェイでした。
さすが現役でF1走らせるだけあって、路面はウルトラスムース。虫一匹落ちてない。舐めても味がしない。
トイレも綺麗で数も多い。壊れてるカンバンやフェンスなんか皆無だ。

ド平坦かと馬鹿にしていたら、結構高低差がある。1コーナー後は何もしなくても70キロほど。
後半の登りは、事前に聞いた想定の倍以上あってビビった。

レースは終始最後尾でヒラヒラ。
自転車には広すぎるコースと緩いコーナーのおかげで後ろでも全然インターバルがかからない。
立ち上がりで下りの所は伏せるだけでOK。

前の方ではアタックがかかったり、ホームストレートでは誰かが45キロ以上で牽いているのだけれど、半分以下は勝負する気なし。
私もそうでした申し訳ない。なので、展開もコースも3周もすれば飽きてきた。もうゴールでいいんじゃね?

最終周の登りだけ頑張って、チームメイトのアシストができれば・・と考えたけど、まぁ簡単にはいきませんわな。中盤ぐらいに上がれた程度。

ほぼ全員でゴールスプリントなのに、ド真ん中に行ってしまった。怖ぇ~
すぐ左前で落車。何となく右からという意識があったので助かった。

その後もスピードは伸びたので20位ぐらいかと思ったがリザルトは29位でした。

・もっとあーしてこーすれば・・
・とにかく無事で本当に良かった
・スプリント参加しなくても同ポイントか・・・
・じゃダイエットのために1回ぐらい先頭引けば良かったか?
・いやいや省エネ走法は大事ですよ

など、いろんなモヤモヤ感が渦巻くこの感じ、私は嫌いです。
[PR]
by hatoracing | 2011-07-04 16:40 | Comments(0)

Jato mucho


by hatoracing