はとムーチョ

hatoteam.exblog.jp
ブログトップ

GIANTの27.5試乗会

菖蒲谷のレース会場で。
たぶん買わない(すみません)が、乗ってきた。

とりあえず小さいフレームを。と注文すると、割と廉価版?なアルミフレームを出してくれた。
軽くサドルを合わせて乗ってみると、難なくポジションが確保できる。小さいフレーム万歳!


27.5ホイールに関しては、やはり小さいというか、自分は26に近いと感じてしまった。
根っこや段差などの処理もそれなりに気を遣う。
29のようにサドルにどっかりとはいかないようだ。

しかし、27.5とは関係なく特に気に入ったのがアルミの反応の良さ。
フレームも高い物ではないだろうしホイールも普通のやつだが、クランクひと踏みどころか、ラチェット1個単位で仕事ができる所が素晴らしい。やっぱり金属万歳!
あ、でもボクのカーボン折れないでね。



次にANTHEM27.5
アルミの26のアンセムは乗っているがこれはカーボン。
外観は、前三角がオールマウンテンの形状に似ているのであまり好きくはない。

だが、モッサリした外観とは裏腹にコイツはガシガシ走る。
リヤサスが無いかの如く(じゃ要らないとか言うな)ロスなく走る。
いやぁ、テクノロジーの進化は素晴らしい。
今更29や27.5でフルサスを選ぶ人は少数派かも知れないが、かなりオススメ。
誰か買えば?



さて、自分は乗ってないケド評価が高かったのがXTCの一番ええやつ。
フラッグシップなのに66万円てアホ安やな。
あ、SRAMからシマノに換装するのにあと20万ほどかかりますかな。

まぁ高いし良く走るでしょうよ。
これにはカラクリというかそのまんまだけど唯一?カーボンホイール+チューブレスレディとしていた。
他のはチューブドでレーシングラルフの2.25履かせてたから桁違いでしょう。


またこのホイール、昨年カドタ選手が29の同ホイールの事を書いているが、90°がいいらしい、とか。
ハブのフランジから接線上にスポークを張ると反応が良くなるのかな?

c0118102_0211076.jpg


こんな感じ。



締まらないのでタラタラっと

家にあるホイールを確認してみると
クロスマックスはまさにこれだった。見るからに剛性バキバキなホイールですが。
イーストンのMTBも90°だったと思う。
あとロードでは7850ヅラのC24。少スポークながら確かに反応は良かったような。

965XTRと、975XTRは共に惜しい角度。
イーストンのロードは全くやる気なし。

完組のなぜかわからないけど速い事とか、
手組のうまく表現できないけど踏み味がなんかイイとか、
この辺を考えて乗ってみようかと思いました。
[PR]
by hatoracing | 2014-04-26 00:34 | 機材ド | Comments(0)

Jato mucho


by hatoracing