はとムーチョ

hatoteam.exblog.jp
ブログトップ

シュワルベのタイヤを

必要だから買ってみたけど全部並べたら多すぎてオエッとなった。

これ。
c0118102_2363832.jpg


とりあえず2本ずつの重量と(カタログ値)

NOBBY NIC EVOLUTION 29X2.25
658g 678g (650g)

ROCKET RON EVOLUTION 29X2.10
490g 502g (485g)

ROCKET RON EVOLUTION 29X2.25
540g 560g (520g)

NOBBY NIC PERFORMANCE 29X2.25
640g 650g (645g)


今回はほとんど重い個体ばかりだった。
おのれドイツ人、ハズレばっかり掴ませやがったな!
いやこれは「日本人よ、強くなれ」という親心である事にしておこう。


さて、たった20gの誤差でギャーギャー騒ぐ私であるが、
開幕戦朽木スペシャルとしてノビーニック2.25+カーボンホイルを投入する予定なのだ。

本当は、650Bでクレストのホイールを組み、それにノビーニック27.5x2.25をセットする企みだった。残念ながら(?)29カーボンホイル購入により断念。ホイール外周部950g以下、グリップ最高ぅと良い事ばかりなのだが、これこそ朽木オンリー仕様となってしまうし、29フレームに650ホイールいれてドヤ顔してたらブログ炎上するしな。


で本題。29のノビーニックは、スネークスキンと言って、ケーシングが強化された仕様。チューブレスレディながら、重量感や硬さなどはシラクとかミブロマラソンみたいだ。
ホイル外周部は1030g程度と予想される。スキー場をひたすら登るにはかなりウッとなるに違いない。


これが27.5になるとスネークスキンではなくなり、劇的に軽くなる。
何とか29でもノーマル仕様が出せなかったものかと。

だが開幕戦朽木である。ダッシュしたい気持ちと大事に走りたい気持ちと。
昨年は目の前でレーシングラルフをヤっちゃった選手も見たし、信頼性重視も良い選択かもしれない。あかんかったらクレスト+ロケットロンで走りますよ。


朽木が終われば一旦このタイヤは寝かせる予定。
まさかの好成績(え?)だったら調子にのって履き続けるけど、
カーボンホイールはやはりロープロファイル仕様でないと。

ロケットロン2.1で外周900g以下、
フュぅーリオスフレッドなんかにすると750g以下となり、
ENVE+TUFOのチューブラーを超えてしまう。

ただしこれは特大ポイントが欲しくなった時の最終戦一里野スペシャルとなるだろう。


総重量のメモ。
クレスト+ロケットロン2.1
F:1500g
R:1900g
ジャイアントカーボン+ノビーニック2.25
F:1500g
R:2000g
[PR]
by hatoracing | 2014-05-03 00:08 | 機材ド | Comments(0)

Jato mucho


by hatoracing