はとムーチョ

hatoteam.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

八幡浜の感想

まず
幸平速ぇぇっつ!
桜坂の登りはまさに魅せる走り。
タケヤ先生もオヤジなりに速いが、あれ見せられると勝てんわ。
でも2位のケーン!が意外と離れてなかったのはやはり観客の居ない所ではゆるキャラだったのか?観客が喜べばそれでもいいと思う。それがプロや。

4位兄カズ あっそうそう
5位の大将、物凄く速いんだろうけど・・ケースケとも比べ物にならない程上手いんだろうけど・・いつも
で?
って思う訳よ。あとは自分で考えなさい。

けいちゃんも開幕戦サイクリングしなきゃ良かったのに。
コーヘーがKYペースで走るもんだから今回はエリート様もかなり喘いでたよ。
コーシローいつか抜いたるからな!

オガちゃんは何かトラブルか?やる気の無くなったキレた感じはオガスタイルだったね。
AUSはDNF。何でトレックジャパンなのだろう?来ている意味がわからん。


さてここで豪語していた「ちゃりんこゼロヨンでGO」勿論優勝狙ってましたが

惨 ○| ̄|_ 敗

40mのコースを見て、4秒88で走るシュミレーションはできてました。昨年優勝は6秒台。余裕じゃないかぬはははは。
自転車は主催者が用意した物で出なくてはならない。ギヤ比を確かめる。アウターだとかなり軽めにセットしないと出遅れそうだ。
ここで気づいておかなければならなかった事がある。シフターを操作してもギヤチェンジまでXTRの5倍くらいの時間がかかるのだ。

フライングを狙ってスタート。全然踏み込めなかった。中盤何とか加速。ここで色気が出てシフトアップしてしまった。タイムラグが永遠に感じられ、変速した衝撃をフラペで受け止められなかった。
両足ブラーン。。トップチューブに座ったままゴール手前5m。ようやく復帰したものの軽く踏んでゴール。今年最大のミスであります。変速はせずに高回転で行くのが良いようです。優勝タイムは6秒1。う~む

5位ぐらいまでにも入ってませんでした。自慢しながら賞品を配りたかったんだけどな・・
[PR]
by hatoracing | 2008-05-28 23:42 | Comments(0)

6時間耐久

はっはっは。言いたい事書くぞ。

ピンク系のジャージのチーム全員
後ろに憑かれるの嫌がりすぎ。ガタガタ言わんでも引いたるわい。ロードのチームやろもっと勉強しなさい。だから君たちの頂点はツールに出場できないのだよ。あ、クロカンもでしたすみません。
そこのガキ、後ろばっかり見て引いてくれる人探すな!後ろ見るのは勝手だがフラふらするな!若いうちは前だけ見とったらええんじゃ。だから君は大人になってもツール・ドおきなわしか出場できないのだよ。

たこやき君の優勝は当然の結果でしょう。実力を出せればBR2ぐらいは走れるので敵いません。
走力では勝てないので私が勝つにはちょっとした隙間を突いて潰すのみ。今回もなにやらあったようだが、時間も早いしいい風除けになるので殺すにはもったいなかったのさ。
ほんなら必要以上に生き返りよった。また落ちてくるだろうと思っていたらそのまま走り切った。素晴らしい。

私は、自転車には現在考えうる最高の贅沢を施し、体調も万全。ドもまずまず。
そして今日初めて試したスポーツバルムの効果か、全く脚にはトラブルがなかった。
これだけやって負けたのだから、「負けて清々しい」とはこういう事なのかと。
清々しいのはトライアスリートに勝った事。彼らは千切れてからはサイクリングしてました。サポートの人が寂しそうだったぞ。
[PR]
by hatoracing | 2008-05-19 22:31 | Comments(0)
すべてチューブデスです
シラク大統領
みんなが使ってるから、ではなく実測で軽いから使用。ライトもあるがパンクはやだ。
横のグリップは弱い。下りは面白くない。それを気にしなければ最悪のマッドでも使える。使えなくはない。いや結局タイヤは何履いても大差ない。
悪天候の場合コントロール失って結果的に速く走れる人がいるとかいないとか。
前後フロントローテーションで十分。コギが軽くなったかどうかはわからないが、脚力に負けてトラクションがかからない場面なんて稀。それでもあかんのならDHタイヤでも履きな!
2.1は非常に扱いやすい良いタイヤだ。重いからレースで使うのはいやだ。

みぶろさん
知らん。30分ほど履いただけ。前ミブロ、後シラクでキャンバー走ったら後だけが落ちた場面があった。
重量もそこそこ軽いがなぜか使う気せん。食わず嫌いだと思う。妻が使っているが文句はないのですごくいいタイヤだと思う。
それよりもミブロマラソン、タイキやケースケにあんな走りされたら気になるわな。2.1でも割と軽いし。でもホンマに踏み切れんで遅かったらヤなのでやっぱ食わず嫌い。

ステンゴ
マウンテンタイヤはこれやで。寝かさんでも曲る。ドライでもグリップ弱いコースなら使う。ゴツゴツしててコギが重いという話もあるがフロントに使う分にはどうってことないと思う。
アスファルト走るならわかるが、少なくともタイヤのブロックよりも粗い路面を走ってる訳だし。タイヤの凸と路面の凹がピッタリ合うとウルトラスムース?

以上すべてIRCの提灯記事ではありますが、監督的に厳しく言いますと、

んなもん自分で考えろ

であります。私も含め人の言う事はアテにならん。空気圧も1.8から0.2刻みで5項目ぐらいは試すべし!試行錯誤するから身になるのだ。

私なりの偏見ベストタイヤはミシュラン・ワイルドグリッパーコンブS2.0(廃版。現在はXCRドライ)650gぐらい。他人があまり使ってないのもいい。
特定の路面でチョー重たくなる場合があるが、基本的に軽く乾いた乗り味。下りは楽しい。さすがDH王国フランスのタイヤだ!(←これが偏見)
特にグリップが良いという訳ではない。滑ってからも暴れず騒がず安定した走りができる。
新型も同じだと思うが少し重いような。1.95で作ってくれたら10年分買ってやる。
[PR]
by hatoracing | 2008-05-14 22:47 | Comments(3)

トップ選手よ

パックで走るのはかまへん。嘘でもいいから観客の前でアタックとかしてみろよ。さっきの周回は固まってたのに次の周回で離れてる・・なんて全然おもしろくないねん。
何が起こったのかを明確に魅せるのがプロやろ。観客は何を見に来ているのかを良く考えなさい(たぶん仲間のレースだが)。勝負の結果が知りたいならPDFで十分だ。

さて、私は後半パンクでズルズル。ちょうど女子エリートに抜かれる頃だ。モチベーションの下がった登りと、腰を引いたいかにも怖そうな下り、そしてコースアウトしそうなコーナリングを見てイラッときたのだろう。抜くときの感じがみんな悪かった。
トップではない選手だが(ここが重要)、私が右端のラインを走っているのに、後ろから「右、右、」と罵る。

ハァ?

左からどうぞ、と言いたい所だが、今年はオリンピックイヤーだという訳のわからない理由で右を開けてやった(とりあえず終わるまでは穏便に)。スッと抜いてくれたら私もそのレーンに戻れるのだが、あと一歩が踏めんのよね。「早よ行って」って言いそうになったぜ。おかげでホイールに痛い段差を食らったよ。

 
今回のエキパはペースが遅かった。それにも付いていけなかった私ではあるが、パンクして5週目まで突入したのはトップが遅かったからだろう。いつもなら4周で切られていたはず。
個人的にマークしている選手は概ね好成績。ま、練習の賜物でしょう。開幕戦をピークに持っていくぐらいで練習しなければならないが、直前になって迷走してしまった。一定の手ごたえは得られたので、次はなんとかなるでしょう。

それにしても体調が悪い。悪いような気がしないのに悪い。もしかして花粉症なのか?だったらバリバリ練習するのだけれど。

健康診断。
若いのでもちろんオールA。かと思ったら心臓がDである。いちぢるしい徐脈だそうな。調べてみるとスポーツ心臓の人はそう診断されるらしい。はっはっはそうかねスポーツやってるかね。だったらもっと成績上げてよ~ん
[PR]
by hatoracing | 2008-05-08 23:05 | Comments(0)

部長よ

忙しいので、部長の提案でGW後半の4連休のうち、2日間出よう、と。もちろん理由があれば休むことはできる。
私はJを控えて体調が少し下り坂なのと、ハコ山は試走はいらないという事で、奇跡的に2日間出ることに。いずれは自分のため、カイシャのため、と言い聞かせながら。(偉いぞ俺)

でもねぇ
言い出しっぺの部長が2日間のうち

半日
しか出ないってのはどーよ?
[PR]
by hatoracing | 2008-05-06 23:22 | Comments(1)

Jato mucho


by hatoracing