はとムーチョ

hatoteam.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

動けとにかく動いてくれ

依頼した訳ですよ、書類を。
先方に取りに行ったら「今日は帰った」と。

明日家のポストに投函するというので、少々恐縮だがお願いした。
土曜日に手元に来るはずだったが水曜日になっても来ない。

キレそうな血管を繋いで連絡すると、「明日行きます」との事。
だいたいその手の人間の言う事はわかっている。ま、人間だしいろいろあるわな。

その明日とは今日。期待通りにやってくれました。
もちろん来てません。

いやそれ人間としておかしいやろ???

明日は何が何でも会ってやる。

現代人はこういう我慢をチビチビと重ねているからキレた時が怖い。
たまにはプチギレを起こしましょう。
[PR]
by hatoracing | 2008-11-27 23:45 | Comments(0)
おとめ会。
まったりしてたら女王おとめが迫って来たので頑張った。
でも本当に頑張ったのは下りだったかも。テヘ
ノルマを達成した後再び流したら強度が軽すぎる事が判明。
普段から必死に走れとゆう事や。

今年のクリスマスイブは水曜日ですなぁ。むふふ

今日はサラ脚でよく回った。回るのは良いが心肺は付いて来ない。
誰か開発してくれ心肺プロテイン。


妄想ショップ
心臓プロテイン 100g缶入り100000円
安静時毎分30拍を目指すあなたへ・・
強力な吐出力により乳酸もろとも流し出します。
「売り切れ」「筋肉痛」は皆無です。

肺プロテイン横隔膜プラス 坐薬タイプ12個入り1400円
強靭な肺と、横隔膜の動きにより、大量の酸素を取り込みます。
(なお、本体価格には二酸化炭素排出量取引価格が含まれております)
坐薬タイプなので胃にもやさしいです。
[PR]
by hatoracing | 2008-11-26 23:35 | Comments(0)

ハンパねぇ

下りの寒さが。

おとめ会、登ってるときはいいが下りが苦痛で退散。
このカンパで若干人数が減ったような。

猛者よ、
出てこーい!

いや、やっぱり冬眠しててくれ。
寝てる間に抜かしてやる。
[PR]
by hatoracing | 2008-11-19 23:37 | Comments(0)
c0118102_23562737.jpg
時間は計測しますがレースではありません、という曖昧さでどうも避けていたこのシリーズでしたが、今期最終戦(戦ではない!)という事もあり、今月末のMTBレースとともに申し込みました。

さて、走るからにはできるだけ速いほうがやりがいがあるので、レース(ではない!)機材に悩む。
基本は現在練習決戦(通勤快速みたいなもんです)用のALX430+GP4000で。
雨予報なのでPRO2GRIP+SELECTをご用意。酷い雨の場合はレース(だから違うってば!)そっちのけで走るだろうから安全策で。

機材の選定は一瞬で決まる。会場が見えた時、人多っ!前者に決定。雨も上がる方向だし。でもって妙に緊張してる私。こっこパパ、カナヤライダーもここに来てるようだ。

コースは85キロ、シリーズ中最長、最狂最強だそうだ。
そんなに高い山あったっけ?と軽い気持ちで居ましたが・・

スタートは9時~9時半の間で自己申告、2箇所のエイドとチェックポイントがあります。
標準時間は4時間15分とか。1時間カットを目標に。
私は8時半以降に会場に着いたので、遅めの9時20分頃出発。既に強豪と思われる方々はスタートしてました。
ちなみにこの強豪の方々、ローラー台でアップしてました。さらにゴール後のダウンまで!!

まだ路面は濡れているのでソロリとスタート。
しばらく平坦を走るがいったい何キロで走ればいいのやら。
程なく1本目の登りが始まる。まぁ適当に登っていればアップになるだろうと思っていましたが、これが超ハードでした。
アップダウンが続くとありましたが実際にはアップアップダアップアップという感じの変態コース。まさにドSのマサル氏ここにあり!ですな。

とにかく登りが多いのでインナーローで耐え忍ぶ。アベは18キロぐらいまで落ちた。
たまに出てくるデザートの高速下り、濡れててカーブの途中でグレーチングだデンジャラスだ。
アップアップも約30キロあたりでひと段落し、ようやく本気モードの下り。そして10%はあろうかという直線下りが現われ、最高の気分になりかけたところで前方交差点で左折せよとの事。半分ぐらいブレーキングに使ってしまった。

そこからはしばらく平坦、やや下り基調で追い風。40キロクルージングを楽しむ。アベを取り戻せ!
ようやく鼻歌交じりになってきたところでいきなり止められ、「ここを登れ」とのお達し。ヘナヘナ・・

これまた天国への階段のような登り。あ、その時の写真ですな。
天国へ登り切ったら第一CPとエイドステーション。レーサー的にはここから踏んでいきたいところなのですが・・たぶん全員反対するだろうけど私は坂の途中でエイドが欲しい。

さて、ここのシフォンケーキ(たぶん)は秀逸。中山でも格安で売ってましたが今回は参加者無料。おにぎりも頂きました。約中間地点だそうです。

しばらく立ち止まったので、またガシガシ踏める。吉備高原周辺は前半部と違って超高速アップダウンが続く。脚がある限りかなりの平均速度が出そう。失速したら終わりですぜ。

比較的短めに第二CP到着。カナエライダーにビールコーラを注いでもらう。いやぁ、おじさんは幸せだよ。
吉備中央町。ここにはとりとめのない施設が数か所あるのだが、「科学館」みたいなのがあり、まぁ科学ネタを扱ってるわけだ。
その中でも、ギターの生演奏機械は秀逸。ジュークボックスの様にリクエストすれば弾いてくれる。私はヒマだったら一日中ここに居たい。ちなみに監修はクロード・チアリです。

残りは約30キロ。ここは標高が高いはずなのでもう下り基調でいきたいよぅ。
下るには下ったが少し早く下りすぎたようで、まだヤマ場が残っているようだ。とにかく繋ぎの平坦区間に癒される。

そして最後であってほしい登り。これまたアホほど登る。終りに近いので頑張りました。
峠。よぅし下りだ!と思ったら分岐してさらに天へ。ありえんてaliente。誰やねん峠の名前付けた奴。

どうやらその分岐道、最初に苦しめられた坂に合流しているようで、ようやくゴールが見えた。

見えたのでゴールにしときましょう。先行スタート先行ゴールの方々が十数人。その中にこっこパパも居られました。
こっこパパと話してる時、知り合いの高校生らしき人物が、「1位狙ってましたがダメでした」との事。
彼は3時間25分で別の人が19分を出していたそうだ。ちなみに岡山の実業団の人は2時間台を狙ってたらしいですが・・
若いの、ワシは23分だぞかかって来なさい。

ご満悦の所で終わりです。
[PR]
by hatoracing | 2008-11-16 23:57 | Comments(1)

ん?

連投気に入らんか?
[PR]
by hatoracing | 2008-11-14 00:31 | Comments(0)

ALX630

・A-CLASSから出るみたい
・あんまりここのやつばかり買っても飽きるのでまず買わないだろうけど
・10万円だそうだ
・アレックスは安いのが魅力では?
・3万円台で他社の5~10万円程度のスペックがあるとされる
・オウレリアは独特の形状ゆえ独特の形状部分が弱いらしい
・サンレモは脚質を選ぶらしい
・要するに高いのは苦手?
・でも名前は好評ALXシリーズだぞ
・1400g前半は当然いくよね?
・ならレーシングゼロと同等なのか?
・グラフィックは良くなってるね
・でも10万円は高い
[PR]
by hatoracing | 2008-11-14 00:30 | Comments(0)

イラネ

麻生君
一時的に12000円もらってもねぇ。
そのくらいでは人生変わらんよ。
人生変わる奴に多めにあげてくれ。

井戸君
そういう意味で言った事ではないのはよくわかるのだが・・
上げ足を取られる発言が良くなかったという事。
で、辞めるの?
選挙の費用無駄だから誰か火消してよ。
[PR]
by hatoracing | 2008-11-12 23:54 | Comments(0)

夜練でヒャットー!

田舎道、約30キロで走行中、軽トラ(最近は怖いぞ軽トラ)が右から抜いてって、直後に左折。倉庫というか、駐車場みたいな所に入った。
ま俺様の危険回避能力が高すぎるおかげで何事もなかった訳であるが、マドンを買って頂くかどうかは私の右手の中指一本にかかっていた。

代わりに立ててやってもいいのだが、曲った先が逃げ道のない場所なのにあのような運転をするという事は、軽トラの運転手もマトモな人間ではないだろう。
どうせ保険屋は悪名高きアグリさんだろうし。

今日はほぼ満月。たぶん原因はそれだ。じゃ奴はそんなに悪くない?おとめ会に参加の方も十分お気を付けて。
[PR]
by hatoracing | 2008-11-12 00:24 | Comments(0)

大人なんだから

ハァ?

その大人がいろんな問題を起こしてるんだyo!

いい事だ。最善とは言えんがとてもいいことだ。
[PR]
by hatoracing | 2008-11-11 00:05 | Comments(0)

まったりではない!

今日は一生懸命走った。3日も空けてしまったので体がびっくりしてた。

まったりなのにそんな走り方をして良いものかどうか、と思いつつ、かずっち氏が普通に速いので練習モードで走行。他は勝手に付いて来よる。

ツーリングで前を引く事は全く問題ないッス。むしろ「悪いね、自分だけ練習させてもらって」という気分なのだ。

練習会では限度があるが、若い奴は「オレだけが前を引いてオレだけ強くなってやる」というオレオレ根性があれがいいと思う。が、私より速くなるなよ。

ピナレロ
30マソってか、ええなぁ。
最初に付いて来るパーツなんて練習用だし、ホイール替えればメチャ速なりそう。
今の選択肢ってマドンしか知らんが、欧州車の廉価版もチェックする必要がある。


番外編_夢
プーチンが家に招待してくれるそうな。
ただし、気の利いたセリフが必要だとの事。
私は可能な限りの英語で「My brain is (忘れた)」と言い放った。
プーさんはいたく気に入って、私に合い鍵を渡してくれたのだった。
思い出せない
私は何を言ったのだろう?
[PR]
by hatoracing | 2008-11-09 22:30 | Comments(2)

Jato mucho


by hatoracing