はとムーチョ

hatoteam.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

開幕しました南さつま

約50人中28位
欲を言えば半分程度の順位が欲しかったけど、クネクネシングルの自分の遅さを考慮すると上出来だったのではないか。

どのくらい遅いのかというと、スポーツ女子を千切る事ができないレベル。
ハァハァが止まってしまう程遅い。歌が歌えそうだ。試しに口笛を吹いてみたが、気の利いた音楽が思いつかなかったのでやめた。
後ろから速い人が来て「ごめん先行かせて」と言われ「はいはいどうぞ」と私。普段の生活態度からは考えもつかない気前の良さである。

救いだったのは、立ち上がり加速する場所が多かった事。ここは他よりもアドバンテージがあるので、次のシングルまでに良いポジションが得られる。

スタートはごめんなさい皆様甘いです。強引に行ってトップを獲っても良かったが、今回は優勝を目指さなければならない坊さんとか居たので遠慮してしまった。

八幡浜では何かやらせてもらうよ。
[PR]
by hatoracing | 2009-03-30 23:13 | Comments(0)

いかんいかん

こんなブログでも毎日2~3人来てるのだ。何か書かんとな。

南さつまに向けて
長距離を高速で走るので、屋根の自転車の空気抵抗とか、
屋根から転げ落ちる危険も踏まえ、背面タイヤに付けるキャリヤを導入。

今の所、テルツォしか無さそうなのだが、ネット上はどこも欠品。
ヤフオクで見付けたので、入りたくなかったけどヤホーID入りましたよ。

中古品だけど、定価でも買うつもりだったので難なく落札。約半額です。
取り付けは簡単。普段の使い勝手は今一つかな。

めでたく
5台5人 イケます!
サポートカーやら回収車もできそうだ。
[PR]
by hatoracing | 2009-03-26 23:07 | Comments(0)
試走からスタートまで9時間あったのにレース前バタバタで最後尾に並んでいたが、ハオカさんに開けてもらって中盤に並ばせてもらう。

スタート後すぐ下り。怖いけどある程度のレベルがあるのか、大きな混乱はない。チビチビと前に進んで、先頭が見えてきて一安心。
安心してたら後半の三段坂で中切れ。
僕です僕が千切れましたぁ
大失態を取り戻すべく慌てて踏み直したらチームの皆様が応援してた。まるでいいところを見せようと頑張ったみたいで照れる。てか照れてる場合かよ早く追い付かな。
平坦下りに入る前にぜひとも追いつかねば、と思ったが叶わず。数十m先の集団最後尾を目指してフルアタック。集団後ろに付くバイクも私を見放して、排ガスを撒き散らすだけ。ツールだったら引いてくれるのになぁ~

結局全くのイーブンでホームストレートまで来てしまい、ゴールスプリント並にモガいた後向い風に遭いKO。後ろを待とうかと振り返ると誰も居ない。ん~いい走りだったね。最終周回だったらね。

2周目の下りは休みながら下る。パラパラと数人が来たので協力してくれそうな人と進む。しかし単独で追い付いて来た人は強いなぁ。登りで食らい付くのに必死だ。それでも3段坂はトップよりは休ませてくれているのだろう。

3週目はそれなりに人数が集まり、平坦下りはだいぶ楽になった。再びハオカさんとも出会う事ができ、先頭交代しながらゴールへ。ゴール近くになるとバラバラ。まるで耐久レースの様な終わり方で情けない。

来年はマスターで美しく完走したいな。
[PR]
by hatoracing | 2009-03-17 01:00 | Comments(0)
西チャレの下見のつもりが何と!ズアスロン大会しかも全日本選手権まであるデカ大会。
「聞いてないよ」「言ってないよ」の世界。あらららら・・・

途方に暮れてたら、ちはる様ダイゴ先生のスペシャルゲスト(ホスト?)
広島の地で、憧れのケンズの人と走れて非常に満足。楽しかった。

取り組み方とかいろいろ、尊敬すべき点がたくさんあった。
自分は何もしていなかったようだ。明日からするぜ。
[PR]
by hatoracing | 2009-03-08 23:15 | Comments(2)
スプリント
少人数で1ヒート。前に出る時に人の手を借り、飛び出してそのまま勝ちましたがちょっと姑息だったので陳謝。

4時間
フナさんが2時間かき回してくれたので私は2時間で脚終わる。必死だったので水分があまり摂れなかった。
ノンストップで高カロリードリンクだけでは難しいのかねぇ?
ダラダラ登り、やはりインナーローまで落ちた。
最後は実業団選手の底力を見た。3位で充分でございます。
[PR]
by hatoracing | 2009-03-08 23:12 | Comments(0)

人事とか

新規の事業はお手伝い的な仕事なので、シルバーな人がバイト君になったのだが・・
 フ    
       フ

   ラ
             ラ
 やぞ。


一応肉体仕事なんだが大丈夫か?
なんでこの会社は誰でもいいから雇うのかね?


会社が望むオールマイティにデキる人間
せっかく来てくれたのに使い方がヘタ!!
技能の全く要らない不採算部門でくすぶらせた挙句、辞めてしまった。


このカイシャはカードの使い方が下手糞なのである。
7並べで止めるのはいいが、最後まで大量に保有してるヤツ。
大富豪でジョーカー持っているのに上手く使えずにずっと平民の奴。
ウノで「うの!」は言うが絶対上がれん奴。


もいっちょ。
大富豪で言うと3のカード、苦しいから斬っちゃうそうだ。
うはははバカだぜこの会社!!!革命が起こった時以外にも使えるカードなんだよ!
[PR]
by hatoracing | 2009-03-05 23:04 | Comments(0)

新車即泥まみれ

青/白のフレームに、白のフォーク、青のKINGと、
なかなか私にしてはカラーコーディネイトが出来ている一品。
私の衣服や持ち物で、これだけ皆さんに絶賛(と信じているぞ)して頂いたのは生まれて初めてです。
ありがとうございました。

重量は10.0kg。SIDの増加分が大きいな。
土曜の夕方に納車で2mほど乗ってレースへ。とりあえず選んだパーツが付いた状態でスタート。
サドルは今まで使用していた物だが、位置に違和感がある。けどハンドル幅や高さなど違和感だらけなので気にせずGO!

登り
新車というと、つい登りが速くなる事を期待しがちですが、残念ながらありません。
アルミの場合、バカコギすればガレた路面でトラクションを失う。しかしタイヤと路面がドンピシャならばアホほど登る。XCレースの競り合いにおいては有利な展開に持ち込める。
チタンの場合、ここぞという時に踏んでも一瞬反応が遅れる。バカコギにも対応してくれるが、面倒臭そうに前へ進む。

という前半の印象でしたが・・
午後のレースの後半になって、サドル位置がどうやら前過ぎるようなので後退させた。それぐらいは測っとかなあきませんな。
自分の踏み位置を取り戻した結果、なかなか良い推進力を得られたと思う。ま、それでもアルミはコンコン、チタンはグイグイですね。

下りとかシングル
非常に扱いやすい。ただしこれはSIDが32mmになった事、ライザーバーで幅広になった事によるものも大きいだろう。
SIDの安定感は素晴らしい。ガレた下りで、脳がシェイクされるのが大幅に軽減されている。それにより、路面状況が把握しやすい。良く見えて、ブレーキも良く効くので、ブレーキングも遅らせる事ができる。
剛性のあるフロントに柔らかいリヤ。とにかく良く曲がる、止まる。曲がりすぎてインに切り込んで何度かコケた。

幅広ライザーバー
握るだけで、ダウンヒラーの腕の動きが出来てしまう。素材のカーボンと相まって、腕の疲れは激減。
最初から最後まで安定した下りができたのはこれのおかげかも。
このままだと登りは全然あかんよ。

シフトレバー
シフトアップの2段変速は誤操作が心配だったがそれはなく、結構使える機能だった。
シフトダウンもプッシュ・プル両方使えたら面白いと思う。

今後の変更案
サドル位置ちゃんと出す。高さも微妙だな
ハンドル位置下げる。下りの良さをスポイルしない程度に
ハンドル幅切る。これは超慎重に
ブレーキパッドがチタンだったら丁重に保管。開幕まで持たんぞ。
[PR]
by hatoracing | 2009-03-02 00:01 | Comments(0)

Jato mucho


by hatoracing