はとムーチョ

hatoteam.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

復活レースレポート

金曜日
瀬戸大橋を1000円で渡るために夜10時出発。四駆タイヤの寿命が心配なので80キロ以下走行。「おじいちゃんマーク」が威力を発揮しています。
結局、橋を渡り切る前に眠くなり就寝。5時起きで余裕の土曜通過です。いやぁ~1000円って有難いですなぁ。朝ごはんをコンビニで・・って丁寧に書いてたら本当に長文になりそうなのでやんぴ。

試走
3時間耐久の選手はかなり苦労していたようなので、走る気が起こらなかったがヒマだったので渋々重い腰を上げる。
集中してガツンと短めに。あとはレース内容を錬る。

宿泊
安い宿にご一緒させてもらった。宿に着いたら心配していたタイヤがバースト。交換作業では皆様ありがとうございました。他のタイヤもいつ壊れるかわからないので怖い。
安宿に台風並みの風で物々しい雰囲気であったが、布団も暖かく良く寝られた。布団ですが、田舎のおばぁちゃん家のと同じ匂いがしました。
心身ともに打ちひしがれたのが風呂。ちょっと古い目の普通の銭湯だが、元々大浴場が嫌いな私。湯舟になんか浸かりません。体だけ洗って上がり湯してんのにオッサン横で仁王立ちでヒゲ剃ってんだぜ?お坊ちゃま育ちのボクには耐えられません。それでいて360円+石鹸80円でオズの湯より高くなってるし!事務所のシャワーで済ませば良かったぜ。

レース
今回は24番スタート。なぜだかわからんがスタートラインに並ばせる係がガタガタうるさい。融通が利かないのである。で、4列目に並ばされた。厳格にやったらワシ3列目やろボケ。スタートロケットはOFFだ。
OFFしたら出遅れまくり。知り合い全部前に行ってもたがな。←ここ説教
シングル、練習はしてきたけどやっぱ遅い。諦めて休み区間に設定した。その代わり登りは頑張る。後ろの選手はイライラしただろうがこれもレース。もちろん全てにおいて速い選手はシングルで音もなく近付いてきて、息もせずに登りで抜いていく。たぶんこういう人がエリートに行くのだろう。手も足も出ません。
20位以内の走行もあったけど、時間とともに落ちていき、最終27位。シングル全く走れんのにこの順位は上出来だ。というか、エキスパートのレベルまた下がってないか?春先なので仕上がっていない選手も居るのだろうが。

説教
女子は2クラスとも参加者減りすぎ。出ている選手に文句言ってもしょうがないか。
女子エリートは私よりは速いが遅い。だが切磋琢磨できる土壌がないのは可哀想だと思う。逆にいくら頑張っても上には上が居る男子は恵まれているのだろうね!
スポーツクラスのシングル突入前、全体的に抑えた感じというか牽制?には萎えた。獲れる時は何が何でも絶対にシングルはトップで入るべきである。あとは好き放題やればいい。
エリート男子の先頭がパックになる意味がわからん。観客が見てて面白いのを演出したいのか知らんけど一卵性ソーセージでもあるまいし個人の力の差は確実に存在するのに同タイムな訳ないやろ。最後だけちょっと踏んで勝ってやろうと誰か手抜いとるねん。世界は待ってくれないよ
[PR]
by hatoracing | 2009-04-29 23:24 | Comments(0)

うあぁぁぁぁぁぁぁぁ

長文を書いていたけどウイルスバスターというウイルスにやられて消えてしもた。コンピューター社会ですなぁ。
レース後にもう1レースするようなもので、もう書けまへん。
まぁ自己満足のチラ裏ブログなので害はないのだが。

気が向いたら説教ネタでも披露します。
[PR]
by hatoracing | 2009-04-28 00:22 | Comments(5)

またクリテですか?

最近、ずっとロードなので、MTBがヘタクソだ。山の神様が怒っちょる。
かと言って、ロードが速い訳でも上手い訳でもないどっちつかずですな。

さて、今回の予選は44人中10人通過。もちろん通るつもりで行くけど・・敗者復活も用意してほしいなぁ。
1組のkon氏の走りに舌を巻く。お世辞にも練習してるとは言えない体型で、踏んでるように見えないのに終始5番手キープ。実は昔凄い人だったらしい。
レース後だったけどレクチャーを受けた。なんで一緒のチームなのか知らないけれど幸せな事だ。
氏曰く「のぐねんの脚は別格」だそうです。ふん、またERイジメか。

自分の予選。勝つつもりで行った方が良いだろう。時間も20分弱だし前の方に出ていれば・・という方針。
集中して前の方を走る。多少先頭を引かせられても文句は言わない。
終盤、自分の少し後ろで落車があったようだ。時折そのくらいの順位までは落ちるので危なかった。
少しバラけたか。速度が上がった集団に乗る。最終周はさらに上がって後ろの気配がしなくなった。
10位以内には入っていると思うが最後まで全力ゴールスプリント。すぐ前にはきよっち氏が居て、差せる位置だったにもかかわらず距離を縮めることもできなかった。正直、かなりの力の差を感じた。

8位で放送された。知り合いから祝福されたりして、束の間の天狗生活。えへへ

まぁ、いいけど。。決勝までヒマすぎる。

決勝
集中できていないというか、どう走るのかビジョンが見えてこない。前を引いて疲れたら最後尾。逃げがあるのに集団が速度落とすからイライラしてまた前に出たり。
無駄脚をよぅ使いましたわ。いろいろな人からご指摘を受けて勉強になった。朝のやり方は間違いではないようだ。ただ、倍の時間もつのかな?
結局のぐねん他3人の逃げを許してしまい、あとは消極的にポジション争い。適当に順位を上げてやろうとしたけど、やはり後方はいろいろとゴタゴタがあり失速。

21位。また決勝進出者で最低のポイントでした。そんなもんさ。


話は変わって
家に帰るとバカデカイ自転車が。マウンテンの練習で送迎してもらったT様とうちの奥様のMTBを取り違えたらしい。
別に怒ってはないけどタマゲたわ。
だってサイズが120mmも違うんだぜ?
2人ともどんだけメカ音痴やねん。
[PR]
by hatoracing | 2009-04-20 23:44 | Comments(2)

調子に乗ってもう少し

機材の変更点はホイールがEA90エアロ。速度域でこれしかないでしょう。
ただし、一人で逃げるならまだしも、集団内に居る分には何使っても同じような感じでした。まぁ、より巡航が楽になっていたのかも知れないが。
その分、クリテでは何回も現れる立ち上がり加速は少々辛い場面もあった。
ならオープンプロでもよかですかもね。負けた時の言い訳になるから使う事はまずないけど。<今回も勝ってませんが?

キョンシーさんとこを覗いてみた
4位だったらしく。本文中では昇格のためには4位以内云々と書いてあったが、実業団のHPでは3位までの選手しか載ってませんが・・次もどこかで指導対局して頂けるのですかね。
あのようなお方がERなんかで走ると迷惑だから、早く成仏してもらいたいものだ。
とは言うものの、憧れの人と同じ集団で走れるのは幸せな事だ。私が何か掴むまでここに居ていいよ。
しかし、「想像以上に速い」と言っていたのは複雑だ。私にとっては今話題のデヴォルデルやトムボーネン的な存在であり続けてほしい。もちろんレース中は本気で倒すつもりで走りますが。

で、次週なのだが
舞洲の予選の狭き門に
なんじゃこりゃぁ~であります。厳しい、キビシすぎる。これが普通のクリテなんですかね。距離も短いしシクロ並に頑張らなあかんな。
幸い、予選3組目なので、展開などの研究ができるので良かった。

どうなる事やら
[PR]
by hatoracing | 2009-04-14 23:54 | Comments(0)
初の実業団レース。
是が非でも勝ち取りたいのが予選突破。前日の練習会でレースに出るのは私だけなので、坂本さんから登りはゆっくり走るようにと言われ(ホンマお父さんのような人や)楽させてもらった次第でして、予選落ちの報告はできないのです。
幸い、予選二組とも約30名中25人が通る広き門。よほど失敗しない限りは大丈夫そう。

飛行場には若干の勾配、そして風。午前と午後では風向が違うので試走はアテにならんでしょう。
予選はL字型のコース1.5km、決勝はLを向かい合わせて3km。長い直線の端にヘアピン、中央にシケインがある。
スタート前にがちゃぴん氏と会う。実業団で鍛えるのは良い事らしい。ただ、マウンテン出身者は前を引き過ぎる傾向があるので、気をつけないといけないらしい。

予選
なぜか同組にキング三浦氏が!JBCFってそんなに融通利かへん所なのか?
何処に居るかなんて考える余裕もなく緊張。Jの開幕戦は平和だったな~と思えるほど。ふっちさんはそんな私を軽くからかってくれたりで少し和みスタート。

直前のBR1の予選を見ていても、逃げはまず決まらない。なので千切れたら絶対死亡。集団スプリントでゴールだから最後にガクッと順位が落ちる可能性がある。
全力で前の方を陣取ったつもりだが、いつの間にか後方へ。後を見る余裕はなかったけれど、相当な時間最後尾に居たかも知れない。
終盤になってキングが前方へ。脚を見てすぐにわかった。ってか今まで引いてなかったんかい!
とにかく沈むのが怖いので、残り1周で先頭に出てペースを上げる。コーナー1個残してふっちさんが前へ。めちゃ速!必死に食らい付く。そのまま最終ヘアピンへ。ホビーレースなら完全に決まっているはずだが、全員来ていたみたい。ゴールまでにダダ抜かれした。順位は確保したけど恐ろしや~
ナスのふっちさん、きよっちさんも通過。

教訓は決勝の事など考えるな、であります。

決勝まで時間があり、天気も良いので、疲れてはいけないと車の中で食っちゃ寝生活。アップも無しだ。

決勝
他のレースを見ていて思ったのだが、退屈そう。実際走ってもその通りで、仕事をするのはコーナーの立ち上がりぐらい。
半分の時点でスプリントポイントがあり、多少賑わいはしたものの、既にキングを含む軽い逃げがあったので無理して追わず。
程なく集団に吸収されたが、終盤にキングが1人で逃げた。あの脚を見せ付けられては、集団の前方も諦め気味。単独で追う者も居るが全て不発。
それにしても50人居ても奴一人倒せんのか、と腹立たしくなってきた。せっかく持って来た脚なのに使わないと勿体ないと思い、先頭交代に参加した。

残り1周、怪物も疲れたみたいで追い付きそうだ。集団もテンション上がってきた。ヘアピン立ち上がりから2位で追いかける選手目指して引きまくったら、追い付いた所で脚終わる。やっぱりマウンテンの子はアホなんです。
ゴール手前シケインを残して数十人に抜かれた。位置取りもメチャクチャ。適当にスプリントしてゴール。
32位9ポイントは、お土産ポイントではない最低の数字らしいです。
キングは勝てなかったようだ。

ま、この文章がまとまらない限り、レース内容もバラバラなのでしょう。
[PR]
by hatoracing | 2009-04-14 01:05 | Comments(0)

実業団初レース

予選突破(!)
決勝32/50┐(´ー`)┌
何とか生きていけそうな気がする
[PR]
by hatoracing | 2009-04-13 00:47 | Comments(0)

あれっ

日産サファリ、生産終了してたんだ・・
ま、だれが買うねん、ちう話やが。悲しいのー
ゴンジャレス・ボーンめ!
[PR]
by hatoracing | 2009-04-11 21:58 | Comments(0)

お花見

今日は休みにしたかったけど、自転車に乗りたくなったので、夕方マウンテンで出かけてみました。
そうだ、姫路城行こう。
速度、ケイデンス共に10くらいで疾走。
シロトピア公園とやら、姫路に10年住んでて初めて行った。
とてもゆるい場所でした。しだれ桜が綺麗でした。
絶対不可能だしメッチャ怒られるやろうけど初心者向けMTBレースやったらおもしろいかもぉ

速度が遅いのにシフトがイマイチ
ん?そういえば電動ヅラとかあったな。
雑誌やら個人ブログなんかではすでに囁かれているのかも知れないけど考えてみた。
マウンテンの方が必要じゃね?
泥レースでは終わるまで変速性能は持たない。位置決めに屈強(かどうかは知らんが)な電動なら泥を押し退けてでも変速するかも!ボコボコの踏み踏みフラットダートでフレームのタワミによる誤変速もないと思う。
インナーに落とす時のガチャンが嫌いだ。それがウィ~ンならトラブル減りそう。
ウィ~ンは遅いな。イ-ぐらいかな。
アウターに入れる時のゴリゴリゴリゴリという、親指とチェーンリングとクランク角度のせめぎ合いみたいなのは嫌いではない。

ワタクシ的には邪魔だと思っているワイヤー類、どうせならすべて電動ワイヤレスにしてほしい。
ワイヤレス電動ディスクブレーキって怖えぇぇ!
でも機材が絶対壊れない事は無いし、前後別電池にすれば大丈夫かと・・
せめて電線はハンドル、ステム内を通ってフレーム内臓やな。内蔵と言えばクライン。
オール電化のAttitudeが出たらまた買うぞ。
[PR]
by hatoracing | 2009-04-10 23:06 | Comments(0)

ドロドロミー

一応レースですが行く目的は・・
前日の練習はJを意識して走れるため、とても重要。妻も「悪天候の方が良い練習になる」といった調子。よういうた!
予定通りの雨・泥でその後浴びるシャワーは最高。これだけで八幡浜市にふるさと納税してもいいぐらいだ。40%。

夜の裏ミーティング
楽しくない訳がない。一応次の日レースなので大人の時間で寝る。50%。

残り10%の目的はレース。プロの焼鳥屋が本気で走るので成績には無関心。
そらもちろんきっちりとアップもするし一生懸命走りますが。

ジーパンに負けたorz
昨年の状況からして奴など10%の力でねじ伏せる事ができると思っていたのだが・・
これも実力これがスポーツだ。彼も進化しているらしい。
来年は倍強くなって5%で勝ってやるさ。
[PR]
by hatoracing | 2009-04-06 22:41 | Comments(0)

忙しい不景気

こんばんは。オールマイティに使えるジョーカーです。

ウチの会社も公的資金を頂いて休業日を設けるようになりました。
休んだ割には驚くほど給料は減らされない仕組み。
あぁそれならいくらでも休みますよ、と言ってもいいぐらい。

しかしながら、私の棲むA部門は忙しいとの事で、B部門よりも休みが少ない。
元々無かった物なので多い少ないはどうでも良いのだが・・


上層部の思惑はわかっている。Bは質の高い仕事をせぇ、とな。
B部門が普段の実力を発揮した結果、どうやら納期に間に合わない算段になってきた。

いまカネが入って来ないのはマズいだろ、という訳で切ったカード。
「A部門はBの仕事を手伝いなさい」

ハァ?
Aの仕事って放ったらかして良い物なんですか??
じゃ最初から休みにすれば???

しかも金曜日、Bが休んで俺らAは働くんだぜ?

ま、自分の仕事ができる訳だが
以上。
[PR]
by hatoracing | 2009-04-02 00:38 | Comments(0)

Jato mucho


by hatoracing