はとムーチョ

hatoteam.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

機材ドの行方



ふーん


腐りきったら自分達の職が無くなるだけなのにね。
[PR]
by hatoracing | 2016-02-12 00:00 | 機材ド | Comments(0)
優勝しちゃった。

関西では弱弱なのに地方では強いなコイツ

M1行くのめんどくさいけど二勝したら諦めなあかんかな。

次は吉備で終了予定。
[PR]
by hatoracing | 2016-02-07 12:49 | Comments(0)

機材ドーピング

来たか!というのとやるやつ居たのかよ!というのと。

アマチュアの世界では
その人に相応しくない高級パーツを買って速く走ろうとする行為がそれにあたる。

それがエスカレートしてモータに発展しても全然問題ないと思っている。
それで満足ならな。

100万円掛けて勝てるバイク作っても得られるものはせいぜい米一俵ぐらい。
一昔前なら1万円相当の商品が貰えただろうか。

まぁ、アマチュアで必死でやってたら機材+薬物合わせても勝てない相手が居る事はわかっているし、
そんな事で一瞬だけ勝てても全然嬉しくないので、やりたい奴は勝手にすればいい。

たぶん、薬物を使うアマチュアはまず居ないかと。副作用が怖いからな。


で、今回のプロの機材ドーピング。これは異次元である。
モータースポーツ行けよと。

薬物ドーピングを肯定する訳ではないが、
7連覇さんを除き、意図しなかった者も居るだろう。

プロテインだ、回復薬だ、と言われ摂取したかも知れない。
また、弱っている時に手を差し伸べてくれた人が悪人だったり、食事に混ざっていたり。

しかし機材ドーピングは、組み立てるという行為が発生し、
この時間は心神耗弱とかではなく正常な判断能力を持って、
「自分は今、悪い事をしている」と認識を持ってやっているのだ。
7連覇さんも賄賂の時間も含め非常にいい仕事をしたけどな。


だからと言って薬物ドーピングを肯定する訳ではないが、
それをやっても勝手に強くなる訳ではなく、それなりに練習しないといけない。もみ消しのカネも要る!
機材ドーピングなら練習しなくても一定の出力を上乗せできるのだ。


また、双方とも見つからなければ儲けもんだが、
薬物ドーピングは寿命が短くなるなど非常に危険だが、
機材ドーピングなら痛くも痒くもない。むしろ体に優しい。
だからと言って薬物ドーピングを肯定する訳ではない。


渦中の本人は、友人にあげたバイクが混じっていたと弁明。
まぁ、シクロクロス王国で母国開催でそんな事するか?というのも一理あるが、その友人の行為を考えるとクサい。

  世界を争う選手から貰ったバイクでレースを観に行くぐらい
  気に入った、あるいは他にバイクが無いのに、金をかけて
  選手を冒涜するようなモータを付ける行為。

  世界を争う選手から貰ったバイクにそんなものを付けて、
  今後別の疑惑が上がった場合、遡ってってそのバイクに
  調査が入るかもしれないという想像もできない頭。

  そんな「危険な」バイクをレース会場でメカニックに間違って
  持っていかれてしまう所に置く、またそれに気付かず持っていく
  メカニック。
  
  ずさんな管理自体にも、薬物ドーピングでは何らかの罰則が
  あったのではなかろうか。



自分は弁解の余地なく
一発退場
でいいと思っている。だって乗ったらわかるもん。
「モータースポーツの世界で頑張ってね(^^)/」でいいじゃないか。

そこでもレギュレーションに縛られるのがイヤなら、
パイクスピークのアンリミテッドクラスがオススメ。
「何でもアリ」の車で敵も居ないのにモンスター田嶋はアメリカで大人気だよ。



って一生懸命書いてたらメルクスさんとかも同じ事いってたわ。
正常な自転車乗りならみんな思うわな。
[PR]
by hatoracing | 2016-02-05 00:24 | 機材ド | Comments(0)

Jato mucho


by hatoracing