はとムーチョ

hatoteam.exblog.jp
ブログトップ

続パンク

雨が心配なので、今日は増井、広峰を昇降。

増井2本登ったところでスローパンク。
想定内。だから近場でウロウロしてたのよ!

3回ほど空気を入れ直しながら帰宅。
チューブ大量消費強化週間に突入です。

原因は金属片。   えーっと、
まぁなんでかんだでそーゆー事です。

飲み物が余っているので再出走。
真っ暗な広峰を登ります。
ハイランドビラも休みで車も少ない。
ガサガサッという音が嫌だ。

と、前から自転車の光。
向こうから「こんちは」とその声は女性っぽい。
そんな練の女性もいるのですね。
最低2本は登っていた。

頂上駐車場でイノシシに遭遇。今からご飯ですか。
[PR]
# by hatoracing | 2007-08-29 23:47 | Comments(0)

チューブ

出先でパンクして入れたしたパナのチューブ、家に帰るまでに空気抜けてゴロゴロ言わせながら走ったが、家でもう一度空気入れてみるとどうもない。

バルブなのか?そもそもゴロゴロ言わせた時点でなぜスネークバイトにならないのか。

どうもここのチューブとは相性が悪い。
[PR]
# by hatoracing | 2007-08-29 00:23 | Comments(0)
借り物で走ったミッドナイトエンデューロ、そのホイールは、シマノWH-7801SL。
軽くて楽だ。登りで踏んだ時のスピードが全然違う。反則です。

タイヤは普段から使用しているGP4000だったが、きつめのコーナーで微妙に滑っていた。
タイヤの状態が違うのか、そもそもサーキットの路面に合っていなかったのか。

剛性は自分の体重では問題なし。だけど滑っていたのはこのホイールのせい?とか思ったり。
ただしボントレガー・セレクトには敵わないでしょう。重たく全く壊れる気配なし。

さて、購買意欲ですが、新しいのがもうすぐ出そう。
カーボンホイールはいらない。段差の度に心が痛む。心臓に悪い。心拍が上がるのは登りの時だけで十分。
アルミ/カーボンコンポジットは軽さが魅力。値段はどうだろう。85ぐらいなら迷う。
まぁ現実的には7850SLか。チューブレス対応なのでリムテープの劣化の心配もないし。

だけど、
本当に買うかどうかは別。無尽蔵に金がある訳ではないのだよ。
[PR]
# by hatoracing | 2007-08-26 23:40 | Comments(0)

暑い熱いって

夏やん。32℃も40℃も熱いもんは暑い。
直射日光当たってたら春でも50℃越えるんやし。
今さら何をガタガタ言うとんねん。

そんな事より、大手スーパー涼しいぞ。
いや、寒すぎるぞ。

環境に優しいが謳い文句ではないのかね。
[PR]
# by hatoracing | 2007-08-17 00:25 | Comments(0)

悔しい

勝てると思っていた相手に負けた。(だから負けたのだけど)
相手がどうこうではなく、全て自分の為になることなので猛練習しよう。
負けた分は3倍にして返してやるのだ。
[PR]
# by hatoracing | 2007-08-13 20:27 | Comments(0)

朝青龍

私はファンです。理由は、強い。強くなるべくして強いから。これだけ全盛期でファンになった力士はそういません。
北の湖、千代の富士、貴乃花など、強い時は全然おもしろくないと思っていた。また、他にも魅力的な力士が揃っていたと思う。

ところが、現在はというと、全てにおいて素晴らしいと思うのは朝青龍ただ一人。以下の人も精一杯頑張っているとは思うが、まだまだ頭一つどころではない差がある。
そのため、これからも続けていけば数々の記録を塗り替えるだろうと思われるが、イマイチ評価されないのではないか、とさえ感じる。
かなりの偏見だが、F1で言うところのシューマッハの何百勝?よりジャッキー・スチュワートの27勝の方が凄いのである。

まぁ、横綱の品格や仮病疑惑については何の反論もできませんが。

考えてみると、横綱朝青龍というより、格闘家としての朝青龍を応援したい。
早く相撲に見切りをつけて、K-1とかに出たらいいのに、と。
[PR]
# by hatoracing | 2007-08-09 00:18 | Comments(0)

アジア選手権

監督は三浦恭資だって。
本人も走ればいいのに。
[PR]
# by hatoracing | 2007-07-31 23:57 | Comments(0)
ゴール後のパフォーマンスを考えてるヒマがあるのなら
少しでも優勝に近づく練習をしなさい
[PR]
# by hatoracing | 2007-07-24 00:11 | Comments(0)

200

延べ訪問者数。
自分でゲトしました
[PR]
# by hatoracing | 2007-07-22 01:57 | Comments(0)

日本人・・

ブランド物のバッグを購入しようと並んでた人達。
整理券が貰えず激怒。
「私達も努力して来てるんだからあんた達も努力して上と掛け合ってみなさいよー」ってか。

あなた達が並ぶのは勝手。欲しければ早く来れば?うちはうちが決めた数しか売りません。儲けは変わらんし。

と言ってやりなさい。

「エコ」だって。笑って見れました。
[PR]
# by hatoracing | 2007-07-15 23:27 | Comments(0)

2億の車

最近知った。正確には1億9千9百万円だそうな。100万円削って何になるのだろう?そんな事はどうでもいい。

1000馬力で400km/h出るとか。にしても高い。8000ccにターボ付けてその馬力も少ないような。もちろん私に10億与えても作れませんが。
環境税が含まれてこのお値段なのでしょうか。儲かった金で木を植えてください。

スバルが作ったらええねん。2000万円以内でできるでしょう。う~ん、バカ売れするな。
[PR]
# by hatoracing | 2007-07-14 18:07 | Comments(0)

2点台

どこにもリンクとか宣伝とかしてないので、訪問者数が一昔前のハンシンの防御率の様だ。
自分の訪問もあるので自責点は1か。
トラックバックでもすれば増えるんかいな。
[PR]
# by hatoracing | 2007-06-29 23:56 | Comments(0)

目を疑う

爪を切っていた。爪切りで。
一本目の爪を切り終える時、爪切りが粉々になった。
どうやら、唯一の軸の部分がプラスチックで出来ており、それが折れたようです。

爪切りなんて壊れるか?普通は人間よりも長生きなのでわ?
まぁ、プラ製のモノを買った私が迂闊だったのですが、
MADE IN JAPAN のK印も堕ちたものだ。
[PR]
# by hatoracing | 2007-06-24 00:14 | Comments(0)

一週間で

3度もパンク。運が悪いとかではなく、タイヤに何か刺さっているのだろう。
せっかくのブレーカーも効いていないという事は、グランプリ4000、おまえはもう死んでいる。
[PR]
# by hatoracing | 2007-06-22 23:58 | Comments(0)

ロードレースは

いくらエースのためだとは言え、
チームのためだとは言え、
自分が勝ちたいぞ。

だから日本では流行らんのかな。
野球やサッカーは一人でヒーローになれる。
[PR]
# by hatoracing | 2007-06-21 00:05 | Comments(0)

おばあちゃんのおかげで

30分ほどで1リッターも水分補給した。
補給は難しい。
[PR]
# by hatoracing | 2007-06-17 22:17 | Comments(0)

給料が安い、だって。

そら新入社員で残業なしだと安いわな。
次の会社でガッツリ稼いで税金たくさん納めてください。
[PR]
# by hatoracing | 2007-06-14 23:02 | Comments(0)

練習しろよ!(応援)

スプリンター
  辿り着けなきゃ
     ただのブタ
[PR]
# by hatoracing | 2007-06-11 23:04 | Comments(0)

チューブは良い物を

昨日夜錬に行こうとして100m走ったらパンク
今日タイヤ交換して空気いれて暫くしてバシュッとな。

これでオマケタイヤに付いてたケンダのチューブは全滅だぬ
[PR]
# by hatoracing | 2007-05-22 23:37 | Comments(0)

何が悔しいかって

6H耐久、1位の人はあっちの世界ではちょっとスゴイかも!?な選手。
私は中の下クラス。比べるのは間違っているのかもしれないが、やはり勝ちたかった。

だってあっちは、何でもアリである。それに対し私は自転車だけしか出来ないし、最も機材で何とかなる種目でもある。
それで負けたのは非常に悔しい。

ついでに、3位の人が
「昨日200km走っちゃいましたあ~」
てな事をおっしゃってましたが、それは言わないのが男だよ。
さらにそれでも勝ってしまうのが真の漢というもの。

3日間何もしなかった私はそれがなければ負けてたかも、と思うし、1位の人に対しても失礼である。多分1位の人も前日はきっちり練習してたとは思いますが。
[PR]
# by hatoracing | 2007-05-17 18:34 | Comments(0)

日曜は

グリンピア三木6時間耐久ソロです。
会場には知らないチームばかり。トライアスロンの方々が多かったようです。

試走の感じは、下りばっかりで、登りはそれほどきつくない。脚を使いたくなかったのでインナーローで走行。

スタートはローリングスタートで、スタート予定時間より15分前に始まる。安全に配慮してか、
「ローリングスタートはタイムに含まれませんゆっくり走行してください」とのアナウンスが何度も叫ばれる。ですから私はゆっくり走りました。
周りはどんどん前に行ってしまい、一人旅。だっていくらゆるゆる走っても15分もかからんでしょう。きっとどこかで先導のバイクが足止めしてるはず。

1周帰ってくると、もうレースが始まって2分経過していた。をいをい、バイク飛ばし過ぎだよ。そんなんだったらヨーイドンでええじゃないか。
スタートから集団に乗れないのは痛い。でも集団はすぐにバラけてしまったようですが。

軽く怒っていたので序盤から予定外のハイペースで走り、人の後ろにも遠慮なしに付く。
今回、わがまま言わせて頂いて、ピットにボトルを投げると次の周回水がもらえる作戦。
1回目はその手順で成功。2回目ボトル投げた時、誰も居なかったので、今回はセルフサービスか・・と思ったら何と観戦に来ていたうめさんの奥様がボトルを渡してくれました。
非常に恐縮しましたが助かりました。ありがとうございました。また、チームの皆さんが居てくれるのはとても心強かったです。

2時間ぐらいで1位の人に1周差をつけられてグオオーっと抜かされる。このまま行けば3ラップではないか。その時点で3位と知らされ、直後2位と思われる人を抜いた。
その後1位の人もペースダウンしているので、抜き返す。あと1周分縮めなければ。ただ、ずっと100mぐらい後ろにいる。何とか見えなくなったのが4時間経過時。
必死で追いかけ、その人の背中を探したが見付からず。

最終週のカウントされない無駄なアタックを周りの人と繰り広げ、ゴール。沢山の人が取り囲む中を行くのは気持ちいい。
計測タグを外し、さぁクールダウンを・・と足をペダルにのせようとした所、足が攣りました。地面に倒れようとする私を見て、シゲル君が自転車を片付けてくれました。ありがとうございました。

そんなチームの多大なサポートを受けましたが、残念ながら2位。やはり個人の能力の差はどうにもなりません。1位の人はトラブルもあったというのに。

反省
練習ならもっと人の前に出てガシガシ引こう。そうしないと単独で強くなれない。
それともたこやき君を風除けにすればよかったか?いやこれは後で法外な請求書が回って来るだろう。
ローリングスタートには気をつけろ。速く走らんでもええが、テンションは上げとく事。
[PR]
# by hatoracing | 2007-05-15 00:02 | Comments(0)

Hard Tyre for Road

通販の品到着。当然GP4000です。注文の際、もあるのか、という事で購入。
20cもあり、この信頼性で細く軽くなるなら、と思いこれも選択。スーパーソニックもあるがデリケートそうなのでやめとく。140gもUSOだろうし。あと、妻の分はミシュランで。

20cの品、重量は180gと190g。
23cの、以前の物よりも良く200gと210g。なかなか優秀ではないか。

20cを嵌めるのは苦労しました。まず、チューブすら入らない、と思ったら23~25c用だったり。本当に固くて普段嵌める時は使用しないタイヤレバーをまたまた使用。チューブを傷つけていないか心配だ。
空気を入れます。サイドの表示は9~11bar。これは素晴らしい。チューブラーでもこんなに入れた事ないぞ。ただし、オモチャのようなポンプは最大で11barしか目盛りが無い。10気圧ぐらいで体が浮いて入らなくなりました
これで6時間走ります。
[PR]
# by hatoracing | 2007-05-12 22:29 | Comments(0)

Hard Tyre

別にヨコモジを続けたいわけではありません。

妻が朝トレイルをするというのに、フロントにタイヤが無い。
何か良いタイヤは・・と探していると、
ありましたシラク2.1チューブレス
その昔、嵌めるのがチョー固いと評判だったころの一品。新品です。

期待通りに固い。基本に忠実に行うが、手が限界になったのでギブアップ。タイヤレバーを使いました。某エリートライダーが、タケヤ限定モデル(ウソ)のタイヤレバーを数本折ったらしいのだが、パナレーサーのレバーは折れずに成功。

こんだけ固いので、エアーは難なく入ります。あとは妻のインプレ待ち。
[PR]
# by hatoracing | 2007-05-10 23:30 | Comments(0)

Tyre to be square

慣れ親しんできた「コンチネンタル・グランプリ4000」もすり減って、レースも近いので、家にある「ミシュラン・PRO2GRIP」を履いてみました。
サイドが青いこのタイヤ、青系統の自転車と相まってまさに「青い流星号」ではないか。なかなかいい感じ。

グランプリヨンセンと比べてみると、コギが重たい!夜錬では激しいコーナリングをする訳ではないのでグリップはわかりません。ただし、グリップの限界は来ないのが一番。
特筆すべきは、振動吸収がとても良いです。亀裂の入ったアスファルトで、明らかに衝撃が違います。バズキルは持ってませんが、それ以上の効果はあるのではないでしょうか。
レーシーに見えて、実はコンフォート系だったりして。重量は235gで、カタログ値に近いです。

残念ながら、このタイヤは雨以外では使う事はないでしょう。慌てて通販で注文。届くかな?

結局今履きたいのはグランプリ4000。ミシュランと比べると固い乗り心地ですが、オマケタイヤよりは相当良いです。その他の走行性能と、耐久性は抜群です。たまたまパンクしなかっただけかも知れませんが、3000キロほど走ってローテーション。あと2000キロは行けるかな?
カタログ重量は嘘大袈裟です。実測220g程度でした。
[PR]
# by hatoracing | 2007-05-09 19:15 | Comments(0)

引越しか?

最近あっちの不自由にも慣れてきたのですがヒマなので作ってみました。
[PR]
# by hatoracing | 2007-05-04 00:09 | Comments(0)

Jato mucho


by hatoracing