カテゴリ:機材ド( 45 )

PROPELのブレーキ

忘れとった。ブレーキが無いと止まれません。

高級車は強制的にディスクブレーキになってしまうけど、そもそも実業団はディスク解禁してないような・・

今日もディスクをdisってから本題に入ります。
油圧のいい所を見せようとしてワイヤー類を完全内装して近未来的な外観に見せているけどそんなもん既存のシステムでも工夫すれば出来るから少なくとも油圧を内装する暇があったら

さて、
本機にはエアロの為のVブレーキが付いている。
当初はプロチーム供給の物にも付いていたけど嫌われていたみたいですね。
まずメンテの時に面倒すぎる。キャリパーと比べてワンタッチじゃないしストロークも短い。
この自転車には24、26、28mm幅のワイドリムを持ったホイールを履かせる予定だが、
2mmいごかすだけでもチョーめんどくさいし、いちいちセンターがずれるし、ワイヤーの加減で片効きしたりする。
そして、個体差もあるかもしれないが28mmのリムは入りません。最終的には入れたけど。

と、ネガティブな事を連ねましたが自分は全然問題とは思っていません。
ディスクブレーキはこの1憶倍問題点があるからな。


結論は、ちゃんと効きます。これが一番大事。
今ではMTBにも見放されたシステムであるが、
MTBがV全盛のころ、こんなブレーキがあったらなーというぐらい良いブレーキです。


by hatoracing | 2019-02-13 00:34 | 機材ド | Comments(0)

GIANT PROPEL ADVANCED 2




c0118102_21553099.jpg

ハイエンドの自転車が100万円を普通に(普通じゃないぞ!)超えてきている昨今、
そんなハイエンドからフィードバックされた物が22万円で買えるなんていい時代になりました。Giant万歳!
このままでレースは出れないけれど、せっかく買った物なのでほぼノーマルで乗っています。

ところで、「ADVANCED」の命名いります?上位からこれまで全て付いているけど、
上位にもっと高級感をプラスするとか、下位のものをDISADVANCEDにするとか。

替えたのはステム-17°
世界レベルのサドル高の低さのため、これぐらいかもう少し低くても良いぐらい。
Xが3個ぐらい付くXSサイズのフレームで、ギリギリまでシートポストを下げている。
これが上位グレードだとISPとなり、切り取ったカーボン部材の多さに愕然としていただろう。


乗ってみた感想は、「普通の自転車」です。
Cerveloは、明らかにすんごい自転車でした。
踏んでないのに進む時がある。けど、極限の時はやはり入力=出力なんですが。
あと、乗ったことあるものでは、トレック、スペシャライズド、コルナゴなどもフツーの良い自転車だった印象。
どれもママチャリが究極に軽くなっただけのもんです。
跨ったかどうかわからんレベルの感想では、タイム、ピナレロはもしかしたらすんごいかもしれん。

さてエアロ。
この時期季節風が強く正確な評価ができないが、風切り音は小さくなったような。
空気抵抗が全くないわけではないわけではないわけではないだろう。

ホイール
アルミなのに40mmハイト、26mmワイドリム、チューブレスレディと、「全部入り」な模様。
さらにタイヤも330gあり、ホイール外周部は900gぐらいある?
横風が吹くと煽られるが、強烈なホイールのジャイロ効果が邪魔をして、結局何も起こらないといった現象が楽しめます。
平坦は普通に走れるし、登りもまぁ、速くはないけど硬さが自分には合っているのか、ズルズルとは登っていく。

105 11速
いま持っているものは全て10速なので、いずれデュラに換装する予定。
せっかく買った物なので、と使っているが、いい!とてもいい。
ヘタってきた7900デュラエースよりもカチカチ、スパスパで、明らかにこちらの方がいいんです・・
幸い、これに合わせて準備するホイールは11速にも対応しているので、このまま105を使い続ける可能性が高いかも。




by hatoracing | 2019-02-11 22:29 | 機材ド | Comments(0)

余った機材で


レースで結果の出ない私は機材に手を加えてみることにした。
もはやこういう遊びは機材ドーピングとは言えなくなり、ただの軽量化である。


夜練仕様
c0118102_00361344.jpg













ポイントは特になく、無駄に高いクロス用タイヤぐらいかな。
最初は重い方が面白いと思ってフル装備。9.5kg



シクロクロスレース仕様

c0118102_00372043.jpg













不要なものを外してホイールを替えるだけ。8.3kg
とにかくタイヤが素晴らしい。
ホイールも極低速でも粘るねばる。
酷使しているのでそろそろ割れるだろうか。
このデザインの物は良く出回っていたのでもう一本欲しいぐらいだ。



富士山あざみラインを登るので

c0118102_00375444.jpg













MV32もそろそろ終わりにしたい。7.5kg
XTRのクランクとデゥラゥエースの左クランクがあったので採用。
とうとう前後MTBのギヤになってしまった。というか、シクロクロスもこれでええやん。1×10やぞ
アルテグラのFDが離れているけど変速するけどどうするかな、
あと細かいところで6アイテム。6.8kgは切りそうにないのでレースは出れそうです。



by hatoracing | 2018-06-02 00:42 | 機材ド | Comments(0)

な ん で 要 ら な い モ ノ を 付 け る の ?


レース用機材(まぁそれでレースはしないのでしょうけど)ってのは、勝負ために快適性や時には安全性まで削った潔さが良かったのではないか。
スルーアクスルとか多段化とか、めんどくさ。

自転車ヲタの私は
10速のシフターが全部壊れたら引退
はしないだろうけどシラけてます。

by hatoracing | 2016-12-21 00:35 | 機材ド | Comments(0)

c0118102_04761.jpg


尚、このホイールはブレーキが良く効く。
ただ、良く効くだけ。コントロール性は悪いしムラがある。
なので、このホイールの後ボーラとかに行くのは良くわかる。


さて、硬いのと車両総重量が軽すぎるので付属品を交換してみる。

タイヤはこれもオマケのミシュランプロ4チューブラーを使用、
23c 280g。
得体が知れないので自分では多分買わないタイヤだ。


あとスプロケットをデュラからアルテへ。
ガコンという衝撃が少なくなると期待している。


これでサイコン付きでちょうど6.8kgになる計算。

走ってみると確かにソフトになったような。
荒れた路面も走りやすくなったような。
重くなったので巡航が良くなった気がしないでもない。

調べてみると、ラテックスが使われており、乗り味がヴィットリアと似ているのかと思ったが、
そもそも中身がヴィットリアなんだそうな。なぁんだ、そういえばトレッドの貼り方とか似ているよな。
という事はウエット性能も期待できないかな。
あと、幅が公称1mm増えただけで35gも重くなるのはいかがなものか。


まぁいろいろ目をつぶってMICHELINに期待してみようと乗っていたが、あっさりパンク。

不合格

となりました。

ま、私には280gのタイヤを踏み切る脚はありません。



取り急ぎ次のセッティングは、
前:コンチネンタルコンペティション
後:シュワルベHT

これでレースに付いていけたらいいな。


by hatoracing | 2016-10-13 00:04 | 機材ド | Comments(0)

c0118102_23492391.jpg


チームの若い衆にお試しで借りていた。
中古ホイールを手に入れたので早々に返す。ので感想を。

何処の何というホイールか分からなく申し訳ないが、
後日オクに流れている事でしょう。

【良い所】
・軽い
前後で1300g。ハブはオモチャみたいだがノーブランドでこれはなかなかのもの。
自分のバイクセッティング的にも軽すぎずちょうどいい重量に仕上がる。

・剛性が高い
この軽さにしてこの剛性は驚異的である。
ホイールが真円を保つので、非常に転がりがいい。
セラミックベアリングなんかよりこの方が転がりがいいと自分は思っています。
また、40mm程度のハイトも良好。巡航がとっても楽です。

・クリンチャーである
普段使えるのがいい。
最近は練習会でも厳しい闘いが続き、決戦ホイールでないと満足に走れないのです。
また、普段から決戦ホイールを履いておくと、レースでも踏み方がわかっているのでいいと思う。


【悪い所】
・軽い
まぁこんなの普段から履いてたら甘えるわな。
周りの人はみんな重い練習用ホイールですよ。

・剛性が高い
カタイとも言う。合わない人は徹底的にあかんだろう。
しかし、ペダリングが難しいという訳ではなく、踏んでも回しても付いてくる。
あと、真円は接地感が薄く、コーナリングはデリケートかな。

・クリンチャーである
その辺のメーカ探してもこんな軽いのはない。大丈夫?
でも乗ってると振れが出るとか、突然壊れるといった不安は一切なかったです。
by hatoracing | 2016-08-26 23:49 | 機材ド | Comments(0)


な、これがあるやろ。


自分が反対する理由はただ一つ

ブサイクだから。
by hatoracing | 2016-04-14 23:58 | 機材ド | Comments(0)

機材ドの行方



ふーん


腐りきったら自分達の職が無くなるだけなのにね。
by hatoracing | 2016-02-12 00:00 | 機材ド | Comments(0)

機材ドーピング

来たか!というのとやるやつ居たのかよ!というのと。

アマチュアの世界では
その人に相応しくない高級パーツを買って速く走ろうとする行為がそれにあたる。

それがエスカレートしてモータに発展しても全然問題ないと思っている。
それで満足ならな。

100万円掛けて勝てるバイク作っても得られるものはせいぜい米一俵ぐらい。
一昔前なら1万円相当の商品が貰えただろうか。

まぁ、アマチュアで必死でやってたら機材+薬物合わせても勝てない相手が居る事はわかっているし、
そんな事で一瞬だけ勝てても全然嬉しくないので、やりたい奴は勝手にすればいい。

たぶん、薬物を使うアマチュアはまず居ないかと。副作用が怖いからな。


で、今回のプロの機材ドーピング。これは異次元である。
モータースポーツ行けよと。

薬物ドーピングを肯定する訳ではないが、
7連覇さんを除き、意図しなかった者も居るだろう。

プロテインだ、回復薬だ、と言われ摂取したかも知れない。
また、弱っている時に手を差し伸べてくれた人が悪人だったり、食事に混ざっていたり。

しかし機材ドーピングは、組み立てるという行為が発生し、
この時間は心神耗弱とかではなく正常な判断能力を持って、
「自分は今、悪い事をしている」と認識を持ってやっているのだ。
7連覇さんも賄賂の時間も含め非常にいい仕事をしたけどな。


だからと言って薬物ドーピングを肯定する訳ではないが、
それをやっても勝手に強くなる訳ではなく、それなりに練習しないといけない。もみ消しのカネも要る!
機材ドーピングなら練習しなくても一定の出力を上乗せできるのだ。


また、双方とも見つからなければ儲けもんだが、
薬物ドーピングは寿命が短くなるなど非常に危険だが、
機材ドーピングなら痛くも痒くもない。むしろ体に優しい。
だからと言って薬物ドーピングを肯定する訳ではない。


渦中の本人は、友人にあげたバイクが混じっていたと弁明。
まぁ、シクロクロス王国で母国開催でそんな事するか?というのも一理あるが、その友人の行為を考えるとクサい。

  世界を争う選手から貰ったバイクでレースを観に行くぐらい
  気に入った、あるいは他にバイクが無いのに、金をかけて
  選手を冒涜するようなモータを付ける行為。

  世界を争う選手から貰ったバイクにそんなものを付けて、
  今後別の疑惑が上がった場合、遡ってってそのバイクに
  調査が入るかもしれないという想像もできない頭。

  そんな「危険な」バイクをレース会場でメカニックに間違って
  持っていかれてしまう所に置く、またそれに気付かず持っていく
  メカニック。
  
  ずさんな管理自体にも、薬物ドーピングでは何らかの罰則が
  あったのではなかろうか。



自分は弁解の余地なく
一発退場
でいいと思っている。だって乗ったらわかるもん。
「モータースポーツの世界で頑張ってね(^^)/」でいいじゃないか。

そこでもレギュレーションに縛られるのがイヤなら、
パイクスピークのアンリミテッドクラスがオススメ。
「何でもアリ」の車で敵も居ないのにモンスター田嶋はアメリカで大人気だよ。



って一生懸命書いてたらメルクスさんとかも同じ事いってたわ。
正常な自転車乗りならみんな思うわな。
by hatoracing | 2016-02-05 00:24 | 機材ド | Comments(0)